National railway museum

National railway museum に行ってきました。 鉄道博物館。

大人20ルピー、子ども10ルピー。
なんて優しい値段設定。

外国人は高い入場料・・・とかはなし。(高いとこは、FRRO持っていくと地元料金になるらしい)

入ると実際に乗れる列車が!

乗車料金は入場料に含まれます。

これがけっこう面白い!!

園内ぐるっと一周してくれます。

処々に隠れミッキーやドナルドがいて(笑)見つける楽しみもあり。

ハッチ  

凄いね!!ここ、ディズニーランドみたいだね~!!!

旦那も

ジャングルクルーズだなあ!

・・・・・・・・・

みんな、夢の国のハードルがずいぶん下がってるね(;^ω^)

道中トンネルがあるのだけど、
入った途端・・・まさかの

フゥ~~~!!  
イェーイ!!!
ヒューヒュー!!!!

と、列車じゅう大歓声。
トンネル入っただけだよ!?
列車に若者の集団でもいたか?!

トンネル出てよく確認してみても、どー見てもファミリー100%。

流石インド・・・・・・

そんなチャイルドな君たち、

嫌いじゃないよっヽ(。ゝω・。)ノ♡

その後、列車を色々展示しているのを見る。

定番な感じの黒と赤。

(このコメントからお分かりのように、ワタクシ全く列車詳しくありません)

ハッチ、トッキュウジャー1号だっ!と喜んでいる。

これなんて可愛い。
煙突に王冠ついてる!
星の王子様みたい♡♡

同じように全く列車に興味ないフローレン、おままごと開始。

いらっしゃいませ~
いかがですかあ~

客・姉ラスカル。超お得意様。

そんなフローレンにどんどん人だかりが・・・

見て!あの子カワイ~

あらほんと~

こっち向いて~♡♡

日本でも可愛いね~とは言われたが、こんなに沢山の人が囲んでなんとか写真を撮ろうとしている、この雰囲気・・・

見たことはないが、

オーストラリアのコアラってこんな感じちゃうか?(旦那談)

色々工事中だったので、他には多分小さな列車が走ったりする施設があるんじゃないかなと思うんだけど、確認できず。

博物館といえどほぼ屋外なので、水分と帽子、虫除けなどお忘れなく!

水やジュースは入口近くの売店にありましたが、奥にはないので注意⚠

そんなこんなで帰り道。

出口の近くに蛇使い発見。

おおっ・・・これぞインド。

横に座れと言われ、大丈夫と言われても怖い・・・

我慢出来ず逃げる瞬間のハッチ。
いつも逃げ足が早い。

獲物ハッチを目で追う蛇・・・

やっぱりちょっと怖いよね~。

触ってもいいと言われても、ワタクシも触れず( ̄▽ ̄;)

最初ドライバーが100ルピーだと言うので安心して見てたら、首に蛇を巻かれた旦那が2000だと言われたらしい。後から知った。
2000て(笑)

で、100渡そうとしたら500だと・・・

面倒くさくなって500渡しちゃったのが、後から100でよかったわと後悔。

レイルウェイミュージアムが20やんか!こんなん100で充分や!とブロークンイングリッシュか関西弁で言うべきであった。

思えば吹っかけられたのインド来て初めてだった・・・
払った自分が恥ずかしい**(/▽/)**

次は負けないようにしなくちゃ!!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ブログランキング参加してます。
クリックお願いします(人´ω`*).☆.。.:*・゜

コメント

  1. ガネ〜シャ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    うちのオットくんが行きたいところだったので、嬉しい情報…ありがとうございます。ローカル料金で見れるのもいいですね~だいぶインドも涼しくなって来たので、重い腰を上げて行ってみま~す。

  2. mintgreen0117 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ガネ~シャさん
    うちの旦那も小さい頃から電車大好きなので、とても楽しそうでした。
    蛇使いには注意して下さい!!(笑)

タイトルとURLをコピーしました