水問題その後

ドライバーSさん、その後も

ん?

みたいなことが続いた。

その1・・・モールの地下の駐車場で下ろす。そしてここまで戻ってきてと。暗くて見通しの悪い、土地勘もない駐車場で子ども3人(^_^;
2回様子見て、やっぱりこれは危ないから良くないと思い、入口で下ろしてと言いました。

その2・・・Dさんがガソリンを満タンにして行ってくれたはずなんだけど、一週間もしないうちにemptyだからガソリンを入れたいと。
今まで2週間持ったのに、おかしい。
ガソリンを抜いてるんじゃないか疑惑浮上。

先輩マダムに聞いたら、ちょっと様子見て、fullにしてからemptyまでの間の行き先とかメモっといて、キロ数もだいたい計算して、これはおかしいんじゃない?と言えばいいのでは、とのこと。

ガソリン抜いてる現行犯を見つかったら、即クビになるらしいと聞いたので、疑惑が証明されたらドライバーさんを替えてもらえるのかな?

と聞くと、

ドライバーさんを替えることは簡単だけど、次に来る人がまた同じことをするかも。
替えることより、言うべきことを言うことが大切なんじゃないかな、というアドバイス。

このアドバイス、なんだか深いなあ、と思った。

ドライバーさんだけの問題ではない。
目の前にいる彼(異文化の人)をまず受け入れて、自分のしてほしいこと、守ってほしいルールを言い続けることが、ここで暮らす上でとても大事なんだな~と。
そして、彼のしてほしいことは、自分のできる範囲でしてあげる。

できれば、直接マダムが言うよりも、マスターである旦那さんに言ってもらった方がいいのだけど・・・

という意見もあり。

ま、その辺は臨機応変に、でも考え方が違う→嫌だ→終了
ではなく、歩み寄る前提での意見って、大事だなあ、と思い直して、水は渡すことにしました。

少しでも信用し合えるようになれたらいいなあ。

今日は幼稚園のお誕生日会!
可愛い園児たちに癒されました♡

弟ハッチの好きな食べ物はスイカ(●´ω`●)

きっと今インドで食べてる、日本と同じ味のスイカだよね!

そして将来の夢は警察官だそうです☆

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ランキング参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです♡♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました